カシコレラ

ブログ主と面識のある方のみを読者として想定。 ブログ主に伝えたいことがある場合はコメント欄を活用下さい。 記入内容はブログ主のみ閲覧でき、公開(表示)されない設定にしています。

小屋と図面 ~有機断熱小屋づくり

有機断熱小屋づくり。構造や施工方法の概要が固まってきて、建築確認申請書の提出準備まで辿りついた。屋根勾配を変更することにしたので、今日、最新の立面図を描いてみた。 一見、何の変哲もない小屋のようだが、実は、さまざまな特徴や実験的要素がある。…

植木鉢の中のシジュウカラのヒナ

昨年のこと。近所の方が穴の開いた植木鉢を裏返して玄関前に置いていたら、シジュウカラがその中に巣をつくり、無事、巣立って行った。今年も、また、同じ植木鉢にシジュウカラが卵を産み、そこでヒナが元気に育っている。先日、近所の方が植木鉢を持ち上げ…

有機断熱壁の木枠の製材作業完了

とりあえず実験段階を終え、制作に入った有機断熱壁。まずは木枠の製材作業。 1.足場板をホームセンターで購入2.丸ノコでおおまかに切断3.電動カンナ機(プレーナー)で削る4.テーブルソーで正確な寸法に切断 4/27、木枠24個分の製材作業とりあえず完了。木…

芽の前に根 ~『星の王子さま』の一節を連想

発芽実験中のズッキーニ。芽を出す前に旺盛に根を伸ばしている。 当たり前と言えば、当たり前のことなのだが、発芽にばかり気を取られていると、土の中に埋もれている根のことを想像することを忘れてしまい、芽が出てから根が伸びると漠然とイメージしていた…

菊芋・太陽熱食品乾燥機(SFD)・味噌玉

我が家では、ほぼ毎食、味噌汁をいただく。味噌汁といってもお椀に自家製味噌、自家製乾燥食材を入れてお湯を注ぐだけ。これがこの上なく美味しいのだ。いただく度に「しあわせ~」と声に出すほど。調理が簡単だから毎食いただける。 そんな味噌玉味噌汁に抜…

たまには真上から

本日4/25から、「穀雨」も次候「霜止みて苗出づる」を迎えた。今日はとても暖かく穏やかな気候。農作業の合間に花々の写真を撮影。たまには真上から撮影してみようと張り切ってみたのだが。 (大きくても、小さくても、チューリップ) (長くても、タンポポ…

穀雨 ~麦類の成長と庭の花々

二十四節気では、4/20より「穀雨」に入った。穀物の成長を助けるように恵みの雨が降る頃。このころまでに田畑の準備を整える目安となる時期。 我が家の畑の準備は遅れていて、まだ整っていないのだが、雨や朝露のおかげだろうか、麦類は(ついでにスギナも!…

稲わら断熱壁と土壁 ~有機断熱小屋のセルフビルド

稲わら、もみ殻、粘土など地域の自然素材を高断熱の素材として使用する小屋(有機断熱小屋)づくり(有機断熱舎と虹色ラボの共同企画)。 これまで、膨大な時間をかけて稲わら断熱壁の開発を進めてきた。さまざまな実験を重ねて、ようやく、性能・施工の両面…

ラボ4畑のジャガイモ植え付け

4/17、ラボ4畑にジャガイモ植え付け。 まずは高さ20cmの畝に穴を開けて植え付け。種イモ約90個(写真以外の場所も含む)。 そして、今年は事前に用意したポリマルチの畝に「ゴロゴロ植え」を始めて試みた。種イモ158個を植え付けた。「ゴロゴロ植え」を試行…

ラボ1畑のジャガイモ植え付け

桜(ソメイヨシノ)の開花を確認した4/11、ラボ1畑にジャガイモを植え付け始めた。竹内孝功さんがソメイヨシノ開花後の植え付けを推奨しているからだ(『自給自足の自然菜園12カ月』) 今年は、昨年11月にエノコログサ主体の枯草を載せておいた高さ5cm程の畝…

稲の苗づくり(伏せ込み)の地域共同作業

今日は毎年恒例、稲の苗づくりの共同作業。私が住む地域では希望する米作者の苗を共同で作っているのだ。この地域の誇りだと思う。老若男女総勢80名、午前中いっぱい汗だくで作業。体力のいる仕事を、穏やか、かつ、効率よく、力を合わせて円滑に成し遂げた…

Organicクラブ「大豆畝準備イベント」

昨年、地元の友人と始めたオーガニック大豆栽培。「私も参加したい」という友人ができ、いつのまにか同様の志を持つ仲間10名ほどで、オーガニック・クラブを結成することになった。昨日(4/9)、Organicクラブの仲間全員(小学生2人含めて10名)が畑に集まり…

オンライン寺子屋「なないろ」

マスク着用が原因で高校を退学することになった実例を知った。それがきっかけとなり、「在宅学習(ホームスクーリング)」のお手伝いをする計画を進めていた。 早期退職し信州に移住するにあたって、「脱学校」の青少年支援をしたいという願いを持っていた。…

ラボ3畑の麦考察 2022年4月 ~マルチとスギナ~

ラボ2畑。ユメアサヒ、スペルト小麦、ライ麦の3種類の麦類を栽培中。今季は作付面積をぐっと減らし、種の採取と栽培実験を主目的としている。 何度も雪の下に埋もれたが、例年になく、元気に青々と育っている。パーマカルチャーもちづきに通い、ニックさんに…

竹の箸

3/6、まことさんのワークショップで竹でモノを作る楽しさとコツを教わった。3/24、その成果を生かすべく、竹の箸を試作してみた。自宅前の竹林で伐採した竹をナタで割り、必要な道具を揃えて準備完了。 制作前、方針を立てた。・「箸を作ろう(箸の形にしよ…

誰の命も奪わないために ~日本国憲法の平和主義、市民による外交、戦時における非武装非暴力の抵抗~

『週刊金曜日』4/1号で興味深かった記事。平和学の研究者であり、実践者である君島東彦(きみじま あきひこ)・立命館大学教授へのインタヴュー記事。日本の状況を含めた現状の問題点、非武装非暴力の抵抗、日本国憲法の平和主義。世界の平和のために私たち…

竹のバターナイフづくり

3月6日のこと。最近親しくなったMさんが主催する「竹のバターナイフ・ワークショップ」に参加した。導入、進行、教え方、さまざまな配慮、すべて完璧!さすが!そしてMさんの人間力の賜物でしょう、参加された皆さんも志をもってさまざまなことに取り組んで…

曾我部恵一「ビギナーズ」&「ギター」~自分の頭で考えることを静かに静かに呼びかける曲

ロシアがウクライナ侵攻を開始した直後の2月25日、曾我部恵一さんがYouTubeに“Beginners”と題する楽曲をアップロードした。視聴して歌詞を読んだ時、うまく表現できない不思議な感覚にとらわれた。Keiichi Sokabe - Beginners www.youtube.com https://www.y…

トラウマ、PTSD、生きづらさから解放されるためのセルフケア・後編

私がポリヴェーガル理論に希望を見出すのは次の2点である。 ① AさんにトラウマやPTSD(以下、トラウマ等)が生じたのは、Aさんが異常なのではなく、Aさんの神経系や身体が正常に機能した結果であると説明している。 → トラウマ等の肯定的側面に気づき、自分…

トラウマ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、生きづらさから解放されるためのセルフケア 前編

ビッグイシュー2022年3月15日号に興味深い記事が掲載されていた。トラウマセラピスト・花丘ちぐささんを取材した「哺乳類が持つ、第3の自律神経とは?」という記事。概要は次のようなものだ。 自律神経は交感神経と副交感神経の2つだと考えられていたが、第…

いんやくりお「琉球八景」~平和と文化について考える

・琉球八景 MV いんやくりお www.youtube.com https://www.youtube.com/watch?v=QRcdOJ2goR0 スケールの大きさと繊細で優しい感じとを兼ね備えた素晴しい曲だと思う。ひとつひとつの映像も魅力的。社会の中で文化の境目に立つ人々への配慮や平和を願うメッセ…

人権としてインターネットが無料で利用できる社会

Zoom等インターネットを利用して、概ね16~20才の若者に「在宅学習を補完する学びの場」を「無償提供」できないかと、さまざまなことを調べたり、学んだり、思索したりしている。 私が個人的に「無償提供」を強く意識しているのは、これまでの人生で得た知識…

味噌づくり

3月10日といえば、1945年、米軍機が東京大空襲を実行した日。我が家ではこの日は「味噌づくりの日」。今年もこの日、今年6回目の味噌づくりを行った。味噌への感謝の気持ちを込めて丹念に味噌を仕込んだ。 我が家では、ほぼ毎食、味噌汁を頂く。そして、その…

●●に該当する語句

●●を起こして利益を得たい存在があり、そのために●●が起こされる。●●の本質は、国と国とか、国々と国々とかの対立なのではない。 多くの庶民は情報操作その他により真実を知らされず、あるいは、真実から目をそらされて、正義のために、祖国を守るために●●し…

11年目の「3.11.」~世界中すべての人々の生きることに向き合うこと

日本で暮らしている人々にとっての切実な社会問題だった原子力発電所。2011年、私にとって、友人・知人はじめ福島県周辺で暮らす人々の具体的重大問題になった。しかし、その頃、私はあまりにも無知だった。2015年、自分が甲状腺ガンを発症し、映画「小さき…

生きるための学び合いの場づくり

理由はさまざまだろうが、高校に行きたくてもいけない、行きたくないという若者は今でもたくさんいるようだ。そんな若者がこれからもっと増えていくかもしれない。 高校には通ってるけれど、将来自分がどうやって生きていくのか、生きていくことへの不安が解…

健康と環境を破壊する法案に対する市民運動の先頭に立つブラジル音楽第一人者・カエタノ・ベローゾ

※ 本日2022年3月1日10:30の印鑰 智哉さんのFB投稿記事を自分なりに要約してみました。https://www.facebook.com/InyakuTomoya/posts/6266291560064288 世界の注目を集めているウクライナの危機。一方で、生命を危険に陥れる紛争が世界各地で続いている。戦…

世界から戦争を失くす方法 ~音楽家カザルスの体験と主張

音楽家パブロ・カザルス(1876-1973:スペイン・カタルーニャ生まれ)にまつわるエピソードを紹介する。 カザルスの弟・エンリケ宛てにスペイン陸軍から召集令状が来た時のこと。エンリケの母・ピラールはエンリケに言った。 「お前は誰も殺すことはありませ…

祈り

ロシア軍のウクライナ侵攻に平和を願う声が高まっている。 今、自分たちに何ができるのか?という声も高まっている。 だれでも簡単にできる方法がある。 それは祈ること。 祈りを集中させること。 多くの人々の祈りが集中すればその祈りは実現するという説が…

高木正勝さんとセッション!?

音楽家・映像作家として著名な彼とセッションなどできるはずはない。リンリンと優しい音が出るサウンド・ハートを彼の音楽に合わせて鳴らしてみただけだ。ただそれだけなのだが、ほんのわずかな時間で、気持ちが緩み気分一新(リラックス&リフレッシュ)で…