カシコレラ

ブログ主と面識のある方のみを読者として想定。 ブログ主に伝えたいことがある場合はコメント欄を活用下さい。 記入内容はブログ主のみ閲覧でき、公開(表示)されない設定にしています。「今日の写真~カシコレラ2~」も閲覧下さい。https://kasikorera2020.hatenadiary.com/

ラボ1畑に残っていたダイコンをすべて掘りあげた

f:id:kasikorera2017:20201123203342j:plain

ラボ1畑で一番大きく成長したダイコン。

f:id:kasikorera2017:20201123203453j:plain

新幹線地下工事の建設残土で埋め立てられたラボ1畑。
地下20mより深い部分にはまだまだ大きな石が埋まっているため、作物が十分に育たない。
この部分は深い分の大きな石を掘りだしたためだろう、ラボ1畑にしては大根が大きく育った。

f:id:kasikorera2017:20201123203938j:plain

今日、ラボ1畑に残っていたダイコンをすべて掘りあげた。

f:id:kasikorera2017:20201123204117j:plain
今日、掘りあげたのは3品種のダイコン。

f:id:kasikorera2017:20201123204146j:plain

ラボ4畑にもダイコンのタネを播き、もっとたくさんダイコンを栽培して、漬物等の保存食にする予定だったのだが、今年は断念せざるを得なかった。
来年はもっとたくさんダイコンを栽培するぞ~。




柿とヒヨドリ

先日、ラボ3畑のとなりの柿(甘渋柿)を採取しに行った。
到着早々、柿の木に止まっていたヒヨドリが「ヒヨ、ヒヨ」と鳴いて飛び去った。
ところどころにヘタだけ残った柿がある。
ヒヨドリが食べた形跡だろう。
きっとさっきの鳴き声は、「まだ、熟れてないから甘くないよ。甘いのはおれが食べちゃった」って教えてくれたのだろう。

 * ヒヨドリ

 ↓美しい写真があり、鳴き声も再生できます。
◆ canon bird branch project - 野鳥写真図鑑「ヒヨドリ
https://global.canon/ja/environment/bird-branch/photo-gallery/hiyodori/index.html

◆ ヒヨドリの鳴き声(you tube動画)

www.youtube.com



でも、僕は、薄切り干し柿や柿酢にするための柿を採りに来たので、完熟していないものの方が好都合。
3mの高枝切バサミで柿の採取を開始した。
カゴに半分、20個ほど柿を採取したところで、ヒヨドリが姿を現し、「ヒヨヒヨ、ヒヨヒヨ~、ヒヨヒヨ、ヒヨヒヨ~」と甲高く鳴いて飛び去った。
「そんなに採るなよ、まだ甘くないんだから、欲張るなよ」
そんな風に聞こえた。
「大丈夫、全部採らないから。どうせ、高いところは届かないし、もうすぐ、完熟しそうな柿は採らないから」
僕はそう呟いて、カゴ一杯、50個ほどの柿を採取した。

〈かつては教材運搬用だったカゴに柿がどっさり〉

f:id:kasikorera2017:20201119204531j:plain


〈ラボ3畑の横の柿の木〉・・・竹林の中にある。というか、柿の木やクルミの木がある敷地を竹が覆ってしまったようだ。

f:id:kasikorera2017:20201119204859j:plain

〈採取後もまだこんなに柿が残っている〉

f:id:kasikorera2017:20201119205019j:plain



 



自然療法

〈今日、届いた本〉
 * 右上の『自然療法』は以前から持っていたもの

f:id:kasikorera2017:20201118204424j:plain

自然療法についてまとまった学習をしようと思って注文した本が、今日、届いた。
西洋医学に限界があり、日本の医療の現状に問題がある中、自然療法の考えを1つの基盤にして、自分たちの健康を守ったり、困っている人の相談に乗ってあげられたりできる人になりたいと思う。



マーク・ボイル『無銭経済宣言――お金を使わずに生きる方法』

〈最近まとめて読んだ本〉

f:id:kasikorera2017:20201117090204j:plain


昨日、フリーエコノミー(無銭経済)運動の提唱者マーク・ボイルの第2作『無銭経済宣言――お金を使わずに生きる方法』を読み終えた。
購入したまま読めないでいたのだが、読み始めると止まらなくて、494ページ、一気に読んだ。

 * フリーエコノミー(無銭経済)運動・・・お金のいらない相互扶助の社会をめざす運動。
 * 2018年度(僕の世界史教員生活最後の年度)、授業で少しだけ紹介した本、『ぼくはお金を使わずに生きることにした』は、マーク・ボイルの第1作、2008年、彼が29歳の時、まったくお金を使わずに生活した体験を綴った記録。

 ◆ マーク・ボイル『ぼくはお金を使わずに生きることにした』
 (紀伊国屋書店HP)
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784314010870


『無銭経済宣言――お金を使わずに生きる方法』は、第一部〈理論編〉が〈グローバルな貨幣経済〉から〈ローカルな贈与経済〉への方向転換を提言する書、第二部〈実践編〉がお金に頼らない生活のための実用書という構成になっている。
真に持続可能な世界を実現するには、可能な限りお金を使わない生活や経済に転換することが必要だと痛感する。
現在と未来を考えるためのヒントがたくさん詰まっているので、「お金を使わずに生きるなんて無理に決まってる!」って思う人も、「そんなの嫌だよ!」って思う人も、読んでみる価値がある本だと思う。

 ◆ マーク・ボイル『無銭経済宣言――お金を使わずに生きる方法』
(紀伊国屋書店HP)
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784314011501
amazon HP)
https://www.amazon.co.jp/%E7%84%A1%E9%8A%AD%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AE%A3%E8%A8%80%E2%80%95%E2%80%95%E3%81%8A%E9%87%91%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%82%8F%E3%81%9A%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%AB/dp/4314011505


『無銭経済宣言』読了後、マーク・ボイルについて調べていたら、彼の第3作の日本語訳本(文庫本)がすでに刊行されていることを知った。読まなきゃ!

 ◆マーク・ボイル
モロトフ・カクテルをガンディーと ~平和主義者のための暴力論~』2020
amazon HP)
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%AD%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%92%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%81%A8-%E5%B9%B3%E5%92%8C%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E8%AB%96-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%AB/dp/4907239491/ref=pd_lpo_14_t_1/358-6839912-8776749?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4907239491&pd_rd_r=3434a671-55f2-490e-87cb-d5509b5b777b&pd_rd_w=0LVcX&pd_rd_wg=gwRCj&pf_rd_p=4b55d259-ebf0-4306-905a-7762d1b93740&pf_rd_r=8HCF25N2J532GJMPCSEZ&psc=1&refRID=8HCF25N2J532GJMPCSEZ


(追記)

◆ マーク・ボイルの生活の一端がわかるyoutube映像の1つ(10分54秒)

Man living Off-grid in Cabin without modern Technology, Foraging & Growing his own Food (Mark Boyle)

www.youtube.com

◆ マーク・ボイルの著作

・The Moneyless Man: A Year of Freeconomic Living, 2010
(日本語訳:ぼくはお金を使わずに生きることにした 2011)

・The Moneyless Manifesto: Live well, live rich, live free. a follow-up guide to beginning your own moneyless journey, 2012
(日本語訳:無銭経済宣言――お金を使わずに生きる方法 2017)
which he also offers free on his website (http://www.moneylessmanifesto.org/why-free/).

・Drinking Molotov Cocktails with Gandhi,2015
(日本語訳:モロトフ・カクテルをガンディーと 平和主義者のための暴力論 2020)

・The Way Home: Tales from a life without technology ,2019.
(日本語翻訳中、刊行予定)

 

にゃんじ、大変だ!④ ~再度、FAX~

f:id:kasikorera2017:20201116213946j:plain


印鑰さんの参考人陳述内容を踏まえて、再度、衆議院議員農水委員5名にFAXを送信した。
結論ありきではなく、事実にもとづいて、しっかり論議、検討して欲しい。
それが国会の役割。

f:id:kasikorera2017:20201116214044j:plain


f:id:kasikorera2017:20201116214147j:plain




にゃんじ、大変だ!③ ~参考人陳述~

種苗法改正法案参考人陳述

f:id:kasikorera2017:20201113200843j:plain

 

2020年11月12日、衆議院農林水産委員会での種苗法改正法案に関する審議で参考人として招致された印鑰智哉の陳述内容について、
印鑰智哉さん自身のブログ記事です。
印鑰智哉さんが準備した原稿と資料が掲載されています。

 

◆ 衆議院農林水産委員会種苗法改正法案参考人陳述
http://blog.rederio.jp/archives/5570



にゃんじ(竹富島のネコ)、大変だ!②

種苗法「改正」法案の審議について② ~FAX送信~

f:id:kasikorera2017:20201111195707j:plain

 

種苗法「改正」法案の審議について②
衆議院議員に要望を伝えるファクシミリを送信〉


種苗法「改正」法案に反対する市民の意志を国会(衆議院)に伝える方法として、
農水委員会の衆議院議員ファクシミリを送信した。
facebook上でファクシミリ送信を呼びかける投稿を見たからだ。
一人ひとりの市民の声が議員を動かく可能性がある。

農水委員会の40名のうち、長野県選出の宮下議員ほか3名の議員の事務所へ送信。
明日が審議入り。
うちにファクシミリ機があったら、夜じゅうかけてでも、その前に間に合うよう、あと36名、全員に送れるのだけど…。
たとえ明日審議入りしたとしても、採択までは時間があるし、参議院議員のほうへのアクションもできる。

◆ ↓衆議院農林水産委員会名簿
衆議院農林水産委員会名簿
https://drive.google.com/file/d/1T6VjmhqVRSzutQN-jYwHiUhYboD5_7Lp/view?fbcli%20d=IwAR0waPvm0aErlEb0IRQSBs1HLOWAwS2bITWJqQIHO8PneEnfuE1fk1bNvmc

国会前抗議行動に参加している市民もいらっしゃる。
寒い中、国会前でアクションをおこしてくださっている方々にも敬意と感謝を込めて…。

f:id:kasikorera2017:20201111201108j:plain