カシコレラ

ブログ主と面識のある方のみを読者として想定。 ブログ主に伝えたいことがある場合はコメント欄を活用下さい。 記入内容はブログ主のみ閲覧でき、公開(表示)されない設定にしています。「カシコレラ・ライブ」も閲覧下さい。https://kasikorera2020.hatenadiary.com/

リタ・パイエス ~母と奏でる素敵な音楽

 you tubeでたまたま耳にした暖かくて優しいボサノヴァ調の曲。

・Rita Payés - Nunca vas a comprender

www.youtube.com


 1999年生まれ、スペイン・カタルーニャ出身のリタ・パイエスというトロンボーン奏者/ヴォーカリストのオリジナル曲だった。クラッシックギターを弾いているのは彼女の母。この曲は、リタ・パイエスが母と共作した2作目のアルバム『Como la Piel』の冒頭の曲だ。

 リタ・パイエスと彼女の母との共作について調べてみた。

● リタ・パイエス・ローマ(Rita Payés Roma)
1999年生まれ。トロンボーン奏者/ヴォーカリスト
ベーシストのジョアン・チャモロ(Joan Chamorro)が主宰する6歳から18歳までの少年少女で構成されるジャズ楽団、サン・アンドレウ・ジャズバンド(Sant Andreu Jazz Band)出身。

2015年、ジョアン・チャモロのプロデュースのもと『Joan Chamorro Presenta Rita Payés』でアルバムデビュー。

2019年、母との共作『Imagina』発表。
娘リタが母への誕生日プレゼントとして2日間のスタジオセッションを予約したことを契機にうまれたアルバム。セッションのためのレパートリーを整理し、練習を重ねるうちに、これをアルバムとして制作することに決めたそうだ。カタルーニャ語の伝統曲からボサノヴァラテン音楽といった彼女たちが日常の中で親しみ歌ってきた数々の名曲を母娘の二人のみで演奏し収録。アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)、ヴィラ=ロボス(Villa-Lobos)、シコ・ブアルキ(Chico Buarque)、ピシンギーニャ(Pixinguinha)、ギンガ(Guinga)といったブラジル勢の名曲や、メルセデス・ソーサ(Mercedes Sosa)が歌ったアルゼンチン・フォルクローレ「Drume Negrita」、「Alfonsina y el Mar」、ビリー・ホリデイが歌った「If The Moon Turns Green」など収録。

2021年、母との共作2作目『Como la Piel』発表。
ボサノヴァ、ジャズ、クラシックギターを折衷したほのぼのと優しい前作の路線を継承した曲もありつつも、曲調や世界観が幅広くスケールアップした作品。

↓ここで全曲を堪能できる。
・Rita Payés i Elisabeth Roma - COMO LA PIEL (Full album)

www.youtube.com


● エリザベス・ローマ・トーレス(Elisabeth Roma Torres)
リタ・パイエスの母。クラシックギターソリスト/音楽教師。
ラテン音楽やブラジル音楽にも造詣が深く、これまでにヴィクトル・ヴァリュス(Victor Valls)とのギターデュオや、ブラジルのチェリスト、アナ・モレイラ(Ana Moreira)とのデュオ活動などが知られている。

 

参考資料:

◆ 必聴!スペインの素敵すぎる母娘デュオ、表現の幅を格段に広げた傑作2nd(Musica Terra 2021-04-16)
  エリザベス・ローマ&リタ・パイエス母娘、新たな境地へ踏み込む傑作2nd
https://musica-terra.com/2021/04/16/rita-payes-elisabeth-roma-como-la-piel/

・Rita Payés i Elisabeth Roma - COMO LA PIEL (Full album)
https://www.youtube.com/watch?v=g02ty--ygis

◆ 南欧/南米の名曲が繋ぐ家族の絆。母娘デュオが奏でる素敵すぎる音楽の贈り物(Musica Terra 2020-04-05)
  母娘による美しく愛情深いデュオ
https://musica-terra.com/2020/04/05/rita-payes-elisabeth-roma-imagina/

◆ 目は口ほどにものを言う~リタ・パイエス(ブログ「秘色の音風景」より)
https://ameblo.jp/karaage5-2020/entry-12661035765.html

晩秋の雨上がりの朝

 陽射しが強く暑くなる前に一仕事終えなければならない季節は過ぎた。今は、夜露、朝露に濡れて柔らかくなった地面を踏み固めないよう、朝はむやみに畑を歩き回らない配慮が必要だ。まして雨上がりの朝は。

 だから今朝はのんびり。朝食後、最近のお気に入り曲を視聴していたら、心も体も活気づきとても幸せな気分になった。

・Rita Payés - Nunca vas a comprender
https://www.youtube.com/watch?v=AySBPCkGyyY

 ダウンジャケットを羽織ってマンサンダルを履いて外に出る。まずはソーラー・フード・ドライヤー(SFD)を陽の当たる場所に設置。2台目SFD「十八番」を載せる台の準備など、面倒と言えば面倒だが、そのような行為そのもの1つ1つが心地よい。時間に追われず、”食べる”=”生きる”ための行為を愉しめることが幸せだ。

f:id:kasikorera2017:20211023192339j:plain

f:id:kasikorera2017:20211023192422j:plain

 

f:id:kasikorera2017:20211023192503j:plain

f:id:kasikorera2017:20211023192526j:plain


 そして、そろりそろりと畑の観察。大根、タマネギ、ニンニク、ニンジン、ブロッコリー、ケール、ノラボウナ、トマト、ナス、豆柿。季節外れのカボチャ、ズッキーニ、ヒマワリ。植物たちを見ていると充実した豊かな気分になる。

f:id:kasikorera2017:20211023192608j:plain


f:id:kasikorera2017:20211023192630j:plain

f:id:kasikorera2017:20211023192708j:plain

f:id:kasikorera2017:20211023192748j:plain

f:id:kasikorera2017:20211023192908j:plain


 部屋に戻って、音楽を聴きながら自家製デザートで一息。贅沢な時間。

・Rita Payés i Elisabeth Roma - COMO LA PIEL (Full album)
https://www.youtube.com/watch?v=g02ty--ygis

〈自家製薬草茶(クマザサとスギナ)、自宅栗の渋皮煮、鍋帽子で調理した煮大豆〉

f:id:kasikorera2017:20211023192840j:plain


 そろそろ農作業をはじめよう。

タマネギ苗定植、ドライ柿・干し柿、ダイコン収穫

10/21、初霜が降りた日。

タマネギ苗を定植。サツマイモ収穫後の畝に69本、ビニールハウス内に33本。

f:id:kasikorera2017:20211021214755j:plain

ソーラー・フード・ドライヤー(SFD)でドライ柿作成中。

f:id:kasikorera2017:20211021214822j:plain

干し柿も作成中。

f:id:kasikorera2017:20211021214856j:plain

ダイコンの収穫適期到来。
(大蔵ダイコン)

f:id:kasikorera2017:20211021214927j:plain

(上田みどりダイコン)

f:id:kasikorera2017:20211021215000j:plain

ダイコン葉は栄養価が高くとても美味しい。

f:id:kasikorera2017:20211021215045j:plain

少しだけ葉を残したダイコンを日がよく当たる場所に埋めて(活けて)保存。埋めた場所は太陽に向けて少し傾斜を付けると良いと先輩農家さんに教わった。

f:id:kasikorera2017:20211021215118j:plain


An old French tune (by Georges Brassens) | Pomplamoose ft. John Schroeder

www.youtube.com

浅間山初冠雪、そして初霜

10/20、浅間山初冠雪。平年より11日早く、昨年より2日遅い初冠雪だった。

f:id:kasikorera2017:20211021215548j:plain


10/21、うっすらと初霜。

f:id:kasikorera2017:20211021215658j:plain


f:id:kasikorera2017:20211021215729j:plain


f:id:kasikorera2017:20211021215753j:plain


f:id:kasikorera2017:20211021215827j:plain

 

寒い日には心温まる音を。
Rita Payés - Nunca vas a comprender

www.youtube.com



 

冬間近のラボ1畑、しかし、ビニールハウス内は別世界

 
 めっきり寒くなった。今朝、浅間山は初冠雪。平年より11早く、昨年より2日遅い初冠雪だという。ラボ1畑も冬モード。
 しかし、ビニールハウス内では、中央部・放任エリアのトマト、特にサンマルツァーノがますます元気。真っ赤な大きな実をたくさん付けている。時間をかけて根をしっかり伸ばした結果なのではないか?と推測している。
 10/11に植え付けたニンニクが土の塊を持ち上げて「よいしょ!」と発芽していることに気が付いた。

f:id:kasikorera2017:20211020210711j:plain


f:id:kasikorera2017:20211020210737j:plain


f:id:kasikorera2017:20211020210817j:plain


f:id:kasikorera2017:20211020210843j:plain


f:id:kasikorera2017:20211020211023j:plain


f:id:kasikorera2017:20211020211104j:plain



石とサツマイモ・紫芋掘り

 10/18、朝の気温がぐっと下がり初霜が降りるかもしれないと考えて、昨日(10/16)、急遽、サツマイモと紫芋を掘り上げた。うちの畑にしてはまずまずの出来だったのだが、やはり石が芋の成長の妨げになっているケースがほとんどだった。芋掘りと同時に大量の石も堀りあげることになった。ただし、すっかり石を取り除いてしまうと砂漠のような状態になりそれはそれで支障があるような気がするし、根が石からミネラルを吸収しているようにも思えるので複雑だ。

f:id:kasikorera2017:20211017115825j:plain
(サツマイモ畝)

f:id:kasikorera2017:20211017115859j:plain
(収穫したサツマイモの一部)

f:id:kasikorera2017:20211017115941j:plain
(掘り出した石。6トレー分の石を掘り出した)

f:id:kasikorera2017:20211017120003j:plain
(大きな石にサツマイモの根がびっしり。根が出す酸で石を溶かしてミネラル分を吸収したのかも?)

f:id:kasikorera2017:20211017120033j:plain

(とても立派な紫芋


〈今回わかったこと〉

1.サツマイモ・紫芋栽培は思いっきり高畝にする方がいいことを痛感。
 * 高畝のサツマイモは生育状況も良かったし、収穫もしやすかった。来春に向けて畝整備を頑張ろう。

2.ツル返しをしないと畝にたくさんの根が生えて土づくりには役立つ。
 * ツル返しをしてもしなくても芋の大きさや収穫量には関係がないという情報があったので、今年は敢えてツル返しをしなかった。芋の大きさや収穫量に影響があったかどうかは定かではないが、畝にたくさんの根が生えたため、土づくりには役立ったように思った。

落花生収穫

 10/10、ラッカセイを収穫。
 試しに掘ってみた感じは、まだ少しだけ早いかなという印象だった。だが、忙しさの中で収穫適期を逃してしまうかもしれない。晴天続きで収穫にとても良い状況だったので、収穫を決行したのだ。

 収穫を終えた感想。
 ① もう少し丁寧に石を除去、
 ② さらに広い畝を用意、
 ③ 子房柄が伸びて地中に潜る時期にさらに丁寧に中耕・土寄せを実行。
 これらのことを行えば、質も収量もさらに改善するだろう。

f:id:kasikorera2017:20211015220156j:plain

f:id:kasikorera2017:20211015220303j:plain