カシコレラ

ブログ主と面識のある方のみを読者として想定。 ブログ主に伝えたいことがある場合はコメント欄を活用下さい。 記入内容はブログ主のみ閲覧でき、公開(表示)されない設定にしています。「カシコレラ・ライブ」も閲覧下さい。https://kasikorera2020.hatenadiary.com/

注目を集める市民プロジェクト

【OKシードプロジェクト】

子どもたちの未来を守ること、日本の食の安全を守ることに関心を持つ人たちの間で、今、注目を集めているのが「OKシードプロジェクト」。
「ゲノム編集」が行われていないタネ、苗、作物、畜産物、水産物、加工食品に「OKシードマーク」を付ける市民の共同プロジェクトだ。
何はともあれ、まずは、「OKシードマーク」「OKシードプロジェクト」という言葉を多くの人に知ってもらいたい。

 * 「ゲノム編集」は遺伝子を改変する操作。そのしくみを素直に理解すると安全性に不安を持つのが自然な技術。しかし、日本の現在の政府や農水省、御用学者や御用ジャーナリスト(例えば科学ジャーナリストM.W.女史など)が屁理屈つけて安全に問題ないようなことを発信するので何が何だか訳が分からなくなる。


次々に劣化する日本の食の安全。「~に反対」ではなく、市民側から「~する」という動きに希望が湧く。
遅ればせながら「サポーター登録」「寄付」を済ませた。「OKシードマーク」も使用していきたいと思う。

 

◆「OKシードプロジェクトHP」

https://okseed.jp/

◆「OKシードプロジェクト・三つ折りパンフ(PDF)」ダウンロード

https://okseed.jp/supporters/banner.html#mitsuori

◆「サポーター登録」

https://okseed.jp/donation/suppoter.html

◆「寄付」

https://okseed.jp/donation/

◆「OKシードマーク使用申請」

https://okseed.jp/application/okseedform.html

美空ひばり「一本の鉛筆」~原爆投下について思うこと

美空ひばり - 一本の鉛筆(1988年 第15回広島平和音楽祭にて)

https://www.youtube.com/watch?v=azZwycOOIC4

 * 歌詞 一本の鉛筆
https://www.uta-net.com/song/40972/

美空ひばりは、1974年、第1回広島平和音楽祭に出演して、この「一本の鉛筆」を歌った。
彼女は、「世界に平和を発信したい」という広島テレビ放送の企画に賛同して音楽祭への出演を快諾したのだった。「一本の鉛筆」は、この時のために書き下ろされた曲だ(作詞:松山善三、作曲:佐藤勝)。

【参考資料】
◆「一本の鉛筆があれば戦争はいやだと私は書く」と美空ひばりが歌った反戦と平和の歌(TAP the POP 2020.8.6.佐藤剛 より)
http://www.tapthepop.net/day/13548

反戦と平和のこの曲の詳細については上記の記事を参照していただくこととして、8月6日、8月9日を前に、原爆投下に関して、私が思うことを書き記しておきたい。

① 8月9日がもっと注目されるべき

原爆投下というと、多くの人が真っ先に1945年8月6日の広島原爆投下を想起すると思う。しかし、原爆の世界史的な意味、アメリカが原爆を投下した理由、原爆の威力等の観点から、8月9日の長崎原爆投下がもっと注目されるべきだと思う。

 * 現在の核兵器の主流は広島に投下されたウラン爆弾ではなく、長崎に投下されたプルトニウム爆弾であり、プルトニウム爆弾を実用化するためには投下実験が不可欠だった。

 * 戦後世界で(特に社会主義国ソ連に対して)優位に立つために核兵器保有したかったアメリカは、プルトニウム型原爆を実用化する必要があった。そのために、日本にパンプキン爆弾(プルトニウム型原爆の模擬爆弾)と原爆を投下した。

 * パンプキン爆弾は、30都市に49発、1945年8月14日まで(8月9日以降も)投下された。

② 最初の被曝は「大地」(7月16日)

ガイア理論(地球をある種の「巨大な生命体」と見做す理論)等の視点を踏まえれば、広島原爆投下以前に、まず「大地」が被曝したことを銘記する必要があると思う。

 * 1945年7月16日、アメリカ・ニューメキシコ州の砂漠の実験場「トリニティ・サイト」で原爆(長崎に投下されたタイプのプルトニウム型原爆)の爆発実験が行われた。これが人類史上初の核爆発となった。

【参考文献】
① アーサー・ビナード編『知らなかった、ぼくらの戦争』小学館、2017
② 小川幸司「トリニティからチェルノブイリとフクシマへ」(『世界史との対話(下)』地歴社、2012)

◆ 資料1 原爆投下に関する年表(上記参考文献①②より作成)
1945年7月までにアメリカはウラン爆弾1個とプルトニウム爆弾2個を開発。
 * プルトニウム爆弾は構造が複雑なため投下リハーサルが必要だった。
1945.7.16. アメリカ・ニューメキシコ州の砂漠の実験場「トリニティ・サイト」でプルトニウム爆弾の爆発実験。
 * これが人類史上初の核爆発。大地が被曝。
1945.7.20. パンプキン爆弾(=プルトニウム爆弾投下のリハーサル用の爆弾)投下開始。
 * 1945年8月14日まで30都市に49発投下された。
1945.7.26. ポツダム宣言
1945.8.6. 広島にウラン爆弾投下
 * 35万人の広島市民のうち、約14万人が1945年12月までに死亡。爆発力1万6000トン。
* 熱線や爆風による死の他に、放射線による「急性障害」の死。
1945.8.9.  長崎にプルトニウム爆弾投下
 * 24万人の長崎市民のうち、約14万9000人が死亡。爆発力2万1000トン。
1945.8.14. 最後のパンプキン爆弾投下

◆ 資料2 パンプキン爆弾(1万ポンド軽筒爆弾)
~長崎型原爆ファットマン投下リハーサル用模擬爆弾
http://kannoeizan.blog111.fc2.com/blog-entry-843.html?sp

 * WEB上のこの資料には参考文献が示されていない。したがって、この資料は信用に値しない。しかし、パンプキン爆弾について書かれていることは、私が記憶している限り、上記参考文献②に示されていたことと一致していると思うので、資料として使用させていただいた。

 

ジャガイモの収穫

【ラボ1畑のジャガイモ(キタアカリとトウヤ)】

7/19から7/22にかけて少しずつ掘りあげた。

f:id:kasikorera2017:20210802215234j:plain
宅地を造成するために埋められていた大きな石を除去して空気や水が通るようにした甲斐あって今までよりもイモの育ちが良く、とても美味しい。
かけた時間と労力が報われて喜びひとしお。

【ラボ4畑のジャガイモ(メークイン)】

7/27から少しずつ掘り上げ始めた。

f:id:kasikorera2017:20210802220421j:plain

砂質のラボ1畑で掘り上げるのはさして苦労はない。しかし、重粘土質のラボ4畑での掘りあげ作業は重労働だ。
一気に掘り上げてしまう方が効率的だと思われるが、そうすると、その労働は体に大きな負担がかかる上、楽しい作業ではなく、苦痛な作業なってしまう。
それを回避する方法は、毎日、気候が快適な早朝に少しずつ掘りあげること。
そうすれば、毎回、収穫の幸せを感じながら、愉しく、心地よい汗をかきながら労働できるのだ。

 f:id:kasikorera2017:20210802220136j:plain

毎回掘り上げ作業の後、畝の上にブタクサを載せる。土を紫外線と乾燥から守り、ブタクサの成分を土に滲み込ませるためだ。
このあと、ジャガイモの畝を立て直して、大根やケール(菜花用)を栽培する予定。その準備だ。
ラボ4畑の周囲にはブタクサがふんだんにあるのが有り難い。

f:id:kasikorera2017:20210802220208j:plain





3曲プレイリスト「Music 3×」②&③ ~言葉の響きに心惹かれる~

歌詞の内容ではなく、歌詞を構成する個々の語句の響きに心惹かれる曲。女性ボーカル編と男性ボーカル編の2組。
 * ブログ「カシコレラ・ライブ」に掲載。
  https://kasikorera2020.hatenadiary.com/entry/2021/07/31/215855

◆「Music 3×」②【ことばの響きに心惹かれる・女性ボーカル編】

01.Salyu - 青空
02.つじあやの - 桜の木の下で
03.一青窈 - 一思案:映画『珈琲時候』主題歌)

◆「Music 3×」③【ことばの響きに心惹かれる・男性ボーカル編】

01.スガシカオ - 春夏秋冬
02.大橋トリオ - クラムチャウダー
03.小沢健二 - 大人になれば 

Music 3× (みゅーじっく・さん・せっと)① ~素晴しきナンセンス・ソング

3曲プレイリストMusic 3× ①【素晴しきナンセンス・ソング】
・・・歌詞全体の意味は不明(ナンセンス)だが、歌詞を構成する個々の印象的な語句が想像力を刺激する3曲。

◆ 01.Plizell(feat. Riho Mihara) - くじら12号(JUDY AND MARYのカバー曲)
https://www.youtube.com/watch?v=Q3DK3dT9Mhg
 * 歌詞 くじら12号
  https://www.uta-net.com/song/9576/

・・・歌詞だけに耳を傾けるには、Judy and Maryの演奏ではない、スローなこのカバー曲がいい。
Judy and Maryの「くじら12号」は歌詞だけではなく、ベース、ドラムス、ギター、ボーカルが生み出すリズムが素晴しい曲。
その素晴らしさを実感できるのが次のライブ演奏。

 * Judy and Mary - くじら12号 (live 2000年)
https://www.youtube.com/watch?v=tsEvCaUxWZQ


◆ 02.フィリッパーズ・ギター - ドルフィン・ソング
https://www.youtube.com/watch?v=JePfsVUTclA

 * 歌詞 ドルフィン・ソング
  https://www.uta-net.com/song/39413/

・・・この曲にはマニアックな洋楽ファンには聴いたことがある旋律が次々に現れる。

 * The Beach Boys - God Only Knows (Remastered)
  https://www.youtube.com/watch?v=u90beUXTKwo

 * Eyeless in Gaza - Changing stations
  https://www.youtube.com/watch?v=bdLLSCdYkqQ

 * Strawberry Switchblade - Trees And Flowers (Extended Mix)
  https://www.youtube.com/watch?v=k-unYxXs6l0


◆ 03.佐野元春 - ジュジュ
 https://www.youtube.com/watch?v=YpUX68druBc

 * 歌詞 ジュジュ
  https://www.uta-net.com/song/71086/


(たぶん、つづく)

Music 3× (みゅーじっく・さん・せっと)① ~素晴しきナンセンス・ソング

3曲プレイリスト①【素晴らしきナンセンス・ソング】
・・・歌詞全体の意味は不明(ナンセンス)だが、歌詞を構成する個々の印象的な語句が想像力を刺激する3曲

◆ 01.Plizell(feat. Riho Mihara) - くじら12号(JUDY AND MARYのカバー曲)

www.youtube.com


 * 歌詞 くじら12号
  https://www.uta-net.com/song/9576/

・・・歌詞だけに耳を傾けるには、Judy and Maryの演奏ではない、スローなこのカバー曲がいい。
・・・Judy and Maryの「くじら12号」は歌詞だけではなく、ベース、ドラムス、ギター、ボーカルが生み出すリズムが素晴しい曲。その素晴らしさを実感できるのが次のライブ演奏。

 * Judy and Mary - くじら12号 (live 2000年)
  

www.youtube.com


◆ 02.フィリッパーズ・ギター - ドルフィン・ソング

www.youtube.com

 * 歌詞 ドルフィン・ソング
  https://www.uta-net.com/song/39413/

・・・この曲にはマニアックな洋楽ファンには聴いたことがある旋律が次々に現れる。

 * The Beach Boys - God Only Knows (Remastered)
  https://www.youtube.com/watch?v=u90beUXTKwo

 * Eyeless in Gaza - Changing stations
  https://www.youtube.com/watch?v=bdLLSCdYkqQ

 * Strawberry Switchblade - Trees And Flowers (Extended Mix)
  https://www.youtube.com/watch?v=k-unYxXs6l0


◆ 03.佐野元春 - ジュジュ
 

www.youtube.com

 * 歌詞 ジュジュ
  https://www.uta-net.com/song/71086/


(たぶん、つづく)

CD『きさらづ田の草取り唄』紹介~やりたいことを実現する、納得する生き方をする

非電化工房の大先輩、前田敏之さんが企画・制作していたCD『きさらづ田の草取り唄』が完成した。早速、購入し、素敵な3曲を堪能している。歌詞、楽曲、演奏、音、ジャケット等のデザインのすべてにおいて素晴しい作品だと思う。何より、愉しさを感じるし、力が伝わってくる。「やりたいことを実現する、納得する生き方をする」という前田さんの生き方、考え方が生み出すエネルギーなのかもしれない。

是非、PVを視聴して、お気に召したらご購入を!

 * ちなみに、私が見切り発車で立ち上げてみた「みまきはら大学」は、前田さんが運営する「きさらづ大学」に着想を得たものである。

 ◆ PV視聴 & 購入サイト
https://www.tano-culture.net/?fbclid=IwAR3NGj1OsT4JcqMrcWzI_XIYaDW9HjmwsLzjgd1G81xRBWZJ9KbCt7HTPgA

◆ 3曲のうち2曲の作曲と演奏を担当した田崎さんによる紹介文

【田んぼで歌うワークソング三部作、堂々完成!】(田崎建さんfacebookより)

https://www.facebook.com/tianqijian/posts/1676166599241204

◆ 前田敏之さんご自身による紹介文

【田んぼ作業を愉しむためのワークソング集「きさらづ田の草取り唄 3曲入りCD」リリース。ダウンロード販売もあり。~つらい作業をつらいままやるのではなく、愉しくやれるように変えるのが知性!~】(前田敏之さんfacebookより)

https://www.facebook.com/teastem/posts/4731704880193681

f:id:kasikorera2017:20210730160045j:plain