カシコレラ

ブログ主と面識のある方のみを読者として想定。 ブログ主に伝えたいことがある場合はコメント欄を活用下さい。 記入内容はブログ主のみ閲覧でき、公開(表示)されない設定にしています。「カシコレラ・ライブ」も閲覧下さい。https://kasikorera2020.hatenadiary.com/

【一部修正】3月11日に忌野清志郎の楽曲を聴く ~真実を知ること、自由に表現し行動すること~

教材に音楽を使う授業を行うのが僕は好きだった(音楽で学ぶ世界と歴史)。
もし明日、3月11日、世界史の授業をするとしたら、忌野清志郎さんの音楽映像を活用したい(実際に教材として使用したことはない)。

① 忌野清志郎 SUMMER TIME BLUES (原子力はもういらねぇ!)

www.youtube.com

 * 多くのミュージシャンにカバーされているエディ・コクランの名曲に「反原子力発電」の歌詞を付けた曲。

 * 歌詞(忌野清志郎 SUMMER TIME BLUES)
https://www.uta-net.com/song/29004/

そして、次のようなエピソードも紹介したい。

忌野清志郎(RC サクセション)は、全曲、洋楽のヒット曲に日本語詞をつけた曲で構成したアルバム「カバーズ」を1988年8月6日(広島平和記念日)にリリース予定だった。
しかし、レコード会社の東芝EMIは、「ラヴ・ミー・テンダー」「サマータイム・ブルース」などの歌詞を問題視し、発売を中止した。

こうした動きに抵抗し、忌野清志郎は、ザ・タイガースのパロディー・バンド「ザ・タイマーズ」を結成。8月6日、「広島平和コンサート」に飛び入り参加し、SUMMER TIME BLUESなどを演奏した。

アルバム「カバーズ」は同年8月15日、キティレコードから発売されたが、FM東京などFM曲がオンエアを「自粛」したりした。

こうした中、タイマーズは大学の学園祭でのライブなどを多数行った。

② THE TIMERSタイマーズ) SUMMER TIME BLUES LIVE
(1988年8月6日「広島平和コンサート」飛び入り参加)

www.youtube.com

③ THE TIMERSタイマーズ原発音頭(原発賛成音頭)LIVE

www.youtube.com

 * アルバム『COVERS』を東芝EMIが発売中止にしたり、FM東京などFM曲がオンエアを「自粛」したりしたことを皮肉った曲。

このような忌野清志郎さんの行動について、良い意味でも、悪い意味でも、特別視する見方がある。
しかし、彼の行動は、単に自分の考えと気持ちを素直に表現し行動しただけであって、特別視するものではないのかもしれない。
このような彼の行動を特別視しなければならないような日本の社会が奇妙な社会、奇妙な世界であるように思う。

④ 忌野清志郎三宅伸治 奇妙な世界 LIVE 2004年

www.youtube.com

 *「奇妙な世界」歌詞
https://j-lyric.net/artist/a00075e/l00c5f8.html


10年前の人類を揺るがす大惨事の真実から目を背けさせられ、忘れるようにしむけられている日本の私たち。
「それじゃダメだよな」
忌野清志郎さんの音楽が聴きながら、そう思った。

f:id:kasikorera2017:20210310222915j:plain
(ビッグ・イシュー 2021年 新春カルタより)

-----------------------------------------------------------------
(参考)

忌野清志郎 LOVE ME TENDER 【放射能はいらねぇ!】

www.youtube.com


 * エルビス・プレスリーの名曲に「反核兵器」の歌詞を付けた

 * 歌詞(忌野清志郎 LOVE ME TENDER)
http://www.kget.jp/lyric/102743/%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC_RC%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

ザ・タイマーズ(フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA