カシコレラ

ブログ主と面識のある方のみを読者として想定。 ブログ主に伝えたいことがある場合はコメント欄を活用下さい。 記入内容はブログ主のみ閲覧でき、公開(表示)されない設定にしています。「カシコレラ・ライブ」も閲覧下さい。https://kasikorera2020.hatenadiary.com/

500名以上の科学者が日本政府に書簡を提出:森林バイオマスを使った発電はカーボンニュートラルではない

f:id:kasikorera2017:20210216201900j:plain


「森林バイオマスを使った発電はカーボンニュートラルではない!」と僕は常々考えていたのだが、先日、2021年2月11日、42の国と地域の500名を超える科学者たちが、日本政府、米国政府、欧州連合EU)、韓国政府に対して、木質バイオマスを使った発電はカーボンニュートラル(炭素中立)ではないと主張する書簡を提出した。

 ◆ 500名以上の科学者が日本政府に書簡を提出:森林バイオマスを使った発電はカーボンニュートラルではない
投稿日: 2021年2月16日 投稿者: Friends of the Earth Japan (FoE Japan)
https://foejapan.wordpress.com/2021/02/16/letter-from-500-scientists/


この書簡は、以下5点(①~⑤)を指摘し、日本のFIT制度について、「日本は、木材を燃やす発電所への補助金をやめる必要がある」と言及している。


① バイオマスの発電利用により森林が伐採され、森林に蓄えられている炭素が大気中に放出されること、

② 森林の再生には時間がかかり、数十年から数百年にわたって気候変動を悪化させること、

③ バイオマスの発電利用は化石燃料を使用した場合の2〜3倍の炭素を放出する可能性があること

④ 各国政府は「気候変動対策」として、バイオマスを燃焼することに対する補助金インセンティブにより、実際は気候変動を悪化させていること

⑤ 真の排出削減のためには、森林を燃やすのではなく、保全と再生に努めるべきこと


 ◆ 書簡の原文
https://www.dropbox.com/s/hdmmcnd0d1d2lq5/Scientist%20Letter%20to%20Biden%2C%20von%20der%20Leyen%2C%20Michel%2C%20Suga%20%26%20Moon%20%20Re.%20Forest%20Biomass%20%28February%2011%2C%202021%29.pdf?dl=0

 ◆ 書簡の日本語仮訳
https://kasikorera2020.hatenadiary.com/entry/2021/02/16/195951