カシコレラ

ブログ主と面識のある方のみを読者として想定。 ブログ主に伝えたいことがある場合はコメント欄を活用下さい。 記入内容はブログ主のみ閲覧でき、公開(表示)されない設定にしています。「カシコレラ・ライブ」も閲覧下さい。https://kasikorera2020.hatenadiary.com/

【改訂版】新春かるた③ グレタさんと気候危機(気候変動、地球温暖化)

f:id:kasikorera2017:20210104202336j:plain

昨日このブログでとりあげた齋藤幸平さんは、現在私たちが直面している気候危機を乗り越えて人類が生き延びるためには、マルクスが晩年に到達した考えに学ぶ必要があると提言している。
今日は、気候危機(気候変動)について、若者をはじめ、多くの人々が真剣に考えて行動するきっかけをつくったグレタさんについて投稿してみることにした。


1.グレタさんについて

(1)「家が“火事”に遭ったかのように行動してほしい」と発言したグレタ・トゥーンベリさんについて「BOOK著者紹介情報」の記述をもとに紹介すると次のようになります。

◆グレタ・トゥーンベリ
2003年生まれ。
11歳のとき、授業で環境問題の映画を観てショックを受けて以降、摂食障がいになり10キロ痩せる。また、ごく親しい人としか話さなくなり、うつ、アスペルガー症候群、選択性緘黙症と診断される。しかし、気候変動について独学を続け、家族にも影響を与えていった。
2018年8月20日、ついにストライキを決行。国会議事堂前に3週間通い、座りこむ。それがSNSで世界に拡散され、マスコミが殺到した。
以後も毎週金曜日に「未来のための金曜日」と名づけて国会議事堂前に立ち、世界中の子どもたちも同様の行動をはじめるようになった。
また、グレタは世界各地でスピーチもし、大物政治家や大企業家たちを前に彼らを厳しく批判、すぐに気候変動の具体的対策を打つよう訴えつづけている。
ストックホルムスウェーデン)に暮らす。


(2)こうしたグレタさんの行動に心を打たれたひとりがアメリカの絵本作家ジャネット・ウィンターさん。グレタさんのスピーチを聞いて「80歳の私の代わりに私の言いたいことを言ってくれた」と思った彼女は、グレタさんの想いと行動のすべてを1冊の絵本に描きあげました。それがこの絵本です。

f:id:kasikorera2017:20210105201501j:plain
◆ ジャネット・ウィンター著『わたしたちの家が火事です ~地球を救おうとよびかけるグレタ・トゥーンベリ~』(注1)
 * 原書(Our House Is on Fire ~Greta Thunberg's Call to Save the Planet~)は2019年12月刊行 日本語翻訳本は2020年2月刊行

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%AE%B6%E3%81%8C%E7%81%AB%E4%BA%8B%E3%81%A7%E3%81%99-%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%A8%E3%82%88%E3%81%B3%E3%81%8B%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AA-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/dp/4790253953/ref=sr_1_6?dchild=1&hvadid=386827852544&hvdev=c&jp-ad-ap=0&keywords=%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%BF+%E6%9C%AC&qid=1609757300&sr=8-6&tag=yahhyd-22

 

2.グレタさんのスピーチ


さて、多くの人々に影響を与えたグレタさんの発言のうち、もっとも有名なものを紹介します(日本語字幕付き)。


◆ 2019年9月23日 グレタさんの国連・気候行動サミットでのスピーチ

www.youtube.com

 〈参考〉◆グレタさんの2019年9月23日国連気候サミット スピーチ全訳(注2)(注3)(注4)
(Tomoko Kusamoto 2019/09/24)
https://note.com/tomoko_kusamoto/n/nd95568fa1cdb

 3.「未来のための金曜日(FFF:Fridays For Future)」の広がり

そして、気候変動で緊急対策を訴える「未来のための金曜日(FFF:Fridays For Future)」の広がりについて簡単に紹介します。


(1)世界中で「FFF(未来のための金曜日)」が広がっています。

◆「未来のための金曜日」の小中高生デモ、世界に拡大
(SUSUTAINABLE BRANDS 日本版 2019.03.20.)
https://www.sustainablebrands.jp/article/story/detail/1191904_1534.html


(2)日本の若者たちも「Fridays For Future Japan(FFFJapan)」を結成して行動しています。

Fridays For Future Japan (気候変動対策の緊急性を伝えるためにみんなで声をあげよう!)
https://fridaysforfuture.jp/


(3)FFFは、東京はもちろん、信州(長野)をはじめ、全国各地で結成されています。

◆FFF shinnsyu「未来のための金曜日・信州(長野)」
https://www.instagram.com/fffshinshu/
https://twitter.com/fffshinshu

◆FFF tokyo「未来のための金曜日・東京」https://www.facebook.com/fridaysforfuturetokyo
https://www.instagram.com/fridaysforfuturetokyo
https://twitter.com/fff_tokyo

(4)FFFJAPANの最近の行動を探してみると・・・。

【 #私たちの未来を奪わないで 】「日本政府は今すぐ本気の気候変動対策をとってください」という内容の首相、大臣等宛ての署名を集め、2020年12月16日に政府に提出しました。(注5)

◆「脱炭素社会」実現訴える若者の団体 4万人分署名を政府に提出(NHK WEB NEWS 2020年12月17日)https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201217/k10012768431000.html

◆「気候変動対策 決定に参加させて 私たちの命と未来の問題 若者 首相に署名提出 未来のための金曜日」(しんぶん赤旗 2020年12月17日)https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-12-17/2020121701_01_1.html

4.【グループ討論(または個人考察)】


その1:グレタさんのスピーチ映像を視聴して、(1)よく分からないこと・疑問に思うこと/(2)気がついたこと・分かったことを挙げてみよう。


その2:次の例1、例2のようにグレタさんの言動を批判する人もいた。これらの人々の批判についてどのように考えますか。

例1:
◆グレタ・トゥーンベリさんを世界2位の富豪(注6)が「天変地異説に傾倒している」と批判(HUFFPOST JAPAN 2019.9.27.)https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d8d853be4b0019647a61d4f

例2:
ホリエモン、グレタ氏を批判!日本の温暖化対策はどうすべき?(NewsPicksコラボ2019/12/29)
https://www.youtube.com/watch?v=pDN05Tix1jg


〈参考〉 グレタさんを批判する人々についての意見の一例

◆原田 隆之(筑波大学教授)(注7)「グレタ・トゥーンベリさん「怒りのスピーチ」を批判するすべての人へ~「普通」ではないと笑っていいのか…~」(講談社・現代ビジネス 2020.10.01.より)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67532


【注記】

(注1)アメリカ、テネシー州のSmyrna中学校のスクールカウンセラーKim Carlsonさんによる読み聞かせで、この絵本の内容を知ることができます(英語のみ)。

◆ "Our House is on Fire" by Jeanette Winter (read by Kim Carlson, Smyrna Middle School)

www.youtube.com


(注2)2019年9月23日国連気候サミット スピーチ全訳

f:id:kasikorera2017:20210106203126j:plain

(注3)2019年4月16日 欧州議会スピーチ(ストラスブール(仏)にて)
「今こそ、私たちの家が火事のように行動しなければなりません」

www.youtube.com


(注4)昨年(2020年)7月、EUに提出した公開書簡。
◆2020年7月16日 グレタさんら4人の若者(未来のための金曜日)がEUに公開書簡を提出、気候変動で緊急対策を訴える
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071700589&g=int

f:id:kasikorera2017:20210104203134j:plain

◆公開書簡の一部(PARC自由学校特別講座【2020.12/18】『大洪水の前にーグレタさんとマルクスから「気候危機」を考える』において講師・斎藤幸平さんが使用した資料より)

f:id:kasikorera2017:20210104203107j:plain


(注5) 【 #私たちの未来を奪わないで 】日本政府は今すぐ本気の気候変動対策をとってください。(FFFJapan)

https://www.change.org/p/%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%82%92%E5%A5%AA%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%81%AF%E4%BB%8A%E3%81%99%E3%81%90%E6%9C%AC%E6%B0%97%E3%81%AE%E6%B0%97%E5%80%99%E5%A4%89%E5%8B%95%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%82%92%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84?recruiter=1047364341&utm_source=share_petition&utm_medium=twitter&utm_campaign=psf_combo_share_abi&utm_term=psf_combo_share_abi&recruited_by_id=958b82f0-5ef8-11ea-9373-53bb1bb8e747


(注6)高級ブランド「ルイ・ヴィトン」を擁するLVMHグループのベルナール・アルノー

(注7)原田 隆之・・・1964年生まれ。一橋大学社会学部卒業。同大学院社会学研究科博士前期課程、カリフォルニア州立大学心理学研究科修士課程修了。東京大学大学院医学系研究科でPhD取得。法務省、国連薬物犯罪事務所(ウィーン本部)、目白大学人間学部教授等を経て、現在筑波大学人間系教授、東京大学大学院医学系研究科客員研究員。専門は、臨床心理学、犯罪心理学。著書に『リラプス・プリベンション―依存症の新しい治療』(日本評論社)、『認知行動療法・禁煙ワークブック』(金剛出版)、『入門 犯罪心理学』『サイコパスの真実』(ちくま新書)、『心理職のためのエビデンス・ベイスト・プラクティス入門』(金剛出版)などがある。https://gendai.ismedia.jp/list/author/takayukiharada

 

【追記】
2020.01.15.以降のグレタさん関連を主なニュースが「時事ドッココムニュース」にまとめられていたので掲載しておきます。

◆ 環境活動家グレタ・トゥンベリさん関連の2020年の主なニュース(時事ドットコムニュース)
https://www.jiji.com/jc/v7?id=201910gretathunberg