カシコレラ

ブログ主と面識のある方のみを読者として想定。 ブログ主に伝えたいことがある場合はコメント欄を活用下さい。 記入内容はブログ主のみ閲覧でき、公開(表示)されない設定にしています。「カシコレラ・ライブ」も閲覧下さい。https://kasikorera2020.hatenadiary.com/

カボチャの周囲に枯れススキを敷く

ラボ4畑でのカボチャ栽培。
昨年は24株栽培したが全滅。今年は何とかして栽培に成功したい。
そこでポリマルチは使用しないという方針を一部修正してポリマルチ畝に苗を定植。
さらに寒冷紗をかけ、防風ネットまで設置した。

このような事情があるラボ4畑のカボチャ。順調に生育し寒冷紗も外した。
親ヅルも伸びて来たので周囲に枯れススキを敷いた。
自然農法センター農業試験場が行っているように、細くて柔らかい麦わらを敷いてあげたいところだが、現在、麦わらはない。
鳥に食べられないようにと、大豆の株元に敷いてあった枯れススキをコツコツ拾って運んで敷いた。
「食料を得るためにススキを拾う、生きてるな~、オレ」
と、生きていることを実感しながら…。

 

f:id:kasikorera2017:20210701113012j:plain

f:id:kasikorera2017:20210701113114j:plain

f:id:kasikorera2017:20210701113205j:plain


〈参考〉自然農法センター農業試験場「カボチャが生長中」
https://www.facebook.com/infrc.or.jp/posts/1802109166627392

 
(補足)
 親ヅルが東に向かって伸びることを想定していたのだが、ほとんどの株が大豆を栽培している西に向かって親ヅルが伸びている。ん~、どうなるのか?まあ、なんとかなるでしょ。