カシコレラ

ブログ主と面識のある方のみを読者として想定。 ブログ主に伝えたいことがある場合はコメント欄を活用下さい。 記入内容はブログ主のみ閲覧でき、公開(表示)されない設定にしています。「カシコレラ・ライブ」も閲覧下さい。https://kasikorera2020.hatenadiary.com/

【改定版】電気料金で考える

f:id:kasikorera2017:20190930222239j:plain

9月分の電気料金の請求書が届いた。
8月と同様、9月も基本料金の請求のみ。

7月に設置した独立型太陽光発電システムで100%電気を賄っているため商用電力の電気使用量は0 kWhだからだ。
中部電力との契約は継続しているため、基本料金の支払いは課されているのだ(ただし、全く電気を使用しない場合の基本料金は半額)。

中部電力の電気料金のしくみは次の図(写真2)のとおり(東京電力も同じ)。

f:id:kasikorera2017:20190928213638j:plain

我が家の9月分の請求書の詳細は次のとおり。
これと5月分の請求書を比較して電気料金のしくみや独立型発電の意味などについて考察してみてはいかが?

◆電気使用量 0kWh

◆電気料金  280円(うち20円は消費税相当額)
◆電気料金内訳
 ① 基本料金(20A契約) 280.80円(全く電気を使用していないので半額)
 ② 電力量料金        0円
  * うち燃料費調整額    0円
   (燃料費調整単価 -3.00円/kWh)
 ③ 再生可能エネルギー発電促進賦課金   0円
  (再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 2.95円/kWh)
 ④ 合計(①+②+③)    280円


<参考>:我が家の5月分の請求書
 *独立型太陽光発電システム導入以前

◆電気使用量 159kWh
◆電気料金  4191円(うち360円は消費税相当額)
◆電気料金内訳
① 基本料金(20A契約) 561.60円
② 電力量料金     3459.72円
 *うち燃料費調整額 -298.92円
 (燃料費調整単価 -1.88円/kWh)
③ 再エネ発電促進賦課金   469円
 (再エネ発電促進賦課金単価 2.95円/kWh)
④ 合計(①+②+③)   4191円