カシコレラ

ブログ主と面識のある方のみを読者として想定。 ブログ主に伝えたいことがある場合はコメント欄を活用下さい。 記入内容はブログ主のみ閲覧でき、公開(表示)されない設定にしています。「カシコレラ・ライブ」も閲覧下さい。https://kasikorera2020.hatenadiary.com/

タケノコの意外な展開

予定通り、朝、タケノコ採りに家の前の竹林に行った。

f:id:kasikorera2017:20190603220225j:plain
マダケ(真竹)の竹林の際に、にょきにょきとタケノコが生えている。

f:id:kasikorera2017:20190603220546j:plain

マダケは別名を苦竹といって、収穫後時間が経過するとエグみがあるが美味とされる。
収穫直後だとエグみはない。
地上部を切り取るだけでいいらしいが、軽くシャベルで掘ってみた。

f:id:kasikorera2017:20190603220451j:plain


収穫したタケノコ。
昼食時に油でさっと炒めて食べようと思っていた。
ところが、近所に住む  I さんが朴葉(ほおば)に包んだお手製のタケノコのおやきとタケノコご飯を持って来て下さった。
収穫したばかりのタケノコを料理して下さったのだ。

f:id:kasikorera2017:20190603220756j:plain


そのため、朝のタケノコは夕食に回り、少々エグみが出てしまい、予定が狂ってしまった。
しかし、それを差し引いても余りある、美味しく、嬉しいおやきとタケノコご飯だった。

 * おやき(お焼き)・・・長野県の郷土料理。小麦粉やそば粉でつくった皮で野菜・山菜の具材を包んで焼いた食品。


さて、日本全国、森林同様、竹林が荒れ果てていることが社会問題となっている。
竹を使わなくなったこと、地方で人口が減ったことなどが原因で、竹林に人の手が入らなくなっているからである。
わが家の前の竹林も荒れ果てつつある。

竹林はタケノコだけでなく、竹という資源の宝庫である。
竹林再生についてしっかりとした知識と技術を身につけて、竹林を再生したり、竹という素材を最大限活用したりできるようになりたい。
 *今は支柱など、畑の資材として活用している。